《コンパクトシティ桜ガーデンプレイス福住スローガン》

「上質感を感じていただけるケア付きホテルを目指します。」

 「常に感謝の気持ち」

 「常に謙虚な姿勢」

 「笑顔で挨拶」

 「長岡三古老人福祉会の実践を継承」

 

  む街」福住で、当法人が30年に渡り積み重ねてきた高齢者ケアの実績、地元に密着した

事業展開を継承、且つ利便性の良さを活かしたサービスを提供 できるよう努めております。開設以来、

桜ガーデンプレイス福住をご利用されるすべての方から、「ここで暮らしてよかった」と感じていただける

よう、職員一 人ひとりが上記スローガンのもと、取り組んで参ります。

 

~フェンス・レリーフ~

   桜ガーデンプレイス福住のフェンスには、多年にわたり当法人を支えてくださった構成市町村である長岡、越路、三島、与板、和島、出雲崎、寺泊、山古志、中 之島、分水のシンボルの花がレリーフとして刻まれています。また、ベーシックフェンスには東山、雪、福島江がデザインされ、長岡市福住の自然を表現してい ます。これらはいずれも市内宮内出身で多摩美術大学教授のグラフィックデザイナー秋山孝氏によるデザインです。

【レリーフ①】

長岡の花  つつじ
【レリーフ②】

越路の花  ほたるぶくろ
 【レリーフ③】

三島の花  かたくり
 【レリーフ④】

与板の花  はなしょうぶ
 【レリーフ⑤】

和島の花  ゆきわりそう
 【レリーフ⑥】

出雲崎の花  あかさかつつじ
 【レリーフ⑦】

寺泊の花  はまなす
 【レリーフ⑧】

山古志の花  はぎ
 【レリーフ⑨】

中之島の花 はす
 【レリーフ⑩】

分水の花 さくら
 【デザインフェンス①】

東山のイメージ
 【デザインフェンス②】

雪のイメージ
 【デザインフェンス③】

福島江のイメージ

 

~縄文ランドスケープ・ホッホー親子・フクちゃん~

  桜ガーデンプレイス福住の敷地には、長岡にゆかりの深い火炎土器をモチーフにした縄文ランドスケープが、旧長岡中央総合病院でお亡くなりになられた方々へ の鎮魂の想いを込めて設置されています。また、苑庭福住の杜には守り神としてホッホー親子が、玄関ではフクちゃんが皆様をお出迎えをします。これらは阿賀 町在住で梟をモチーフにした作品を多く手がける彫刻家佐藤賢太郎氏が手がけてくださった作品であります。

 【彫刻①】

『縄文ランドスケープ』
 【彫刻②】

『福住の杜 ホッホー親子』
 【彫刻③】

『フクちゃん』